着物で作るあなたの品格

着物の格でシーンがキマる

着物買取で活用できる知識。着物の品格をより引き出すための着物の格とは

着物には礼装着という最上位のものから普段着と呼ばれる最下位のものにいたるまで、おおよそで分けて四つが存在しています。 着物の品格を引き出すには、それぞれの着物がどういった場に適しているのかを知ることが必要となります。

まず最上位となる礼装着は、黒留袖や本振袖といったようなものです。 黒留袖は既婚女性が着る最上位の礼装、つまり結婚式などの場で言えば主催側である新郎新婦両家の母親や親族が着るものです。 本振袖は花嫁衣裳のほか、成人式や披露宴といった場で着るものとなりますが、既婚女性が着ることは適しておらず、未婚女性のみが着るものであるとされています。

次いで上から二つ目となる略礼装着は色留袖や訪問着といったものがあたります。 色留袖は地色が黒以外の着物であり、既婚女性や振袖を着なくなった未婚女性が着るものです。 結婚式などの場においては花嫁の親族などである未婚の女性が着るものであるとされ、宴の席などでも好まれます。 訪問着は絵羽付け模様と呼ばれる、縫い目をまたぐ模様が描かれた豪奢な着物であり、その柄によって様々な席で着用できる応用の幅の広いものです。

そして上から三つ目となる外出着は付け下げや小紋といったものです。 付け下げは先述した絵羽付けを簡略化したもの、反物の状態で染め上げてから着物へと仕立てられたものとなります。 縫い目をまたぐことがないということから見分けは容易です。

小紋は全体に文様が施された型染めの着物であり、観劇や友人との食事会など、かしこまっていない外出には最適となります。 そして最下位となる普段着は紬や絣といったようなものです。 紬は節のある糸で織った先染め織物であり、かつての日本の衣類としては一般的に普及していたものでした。 絣はその名のとおり、ところどころにかすれたような文様が染められている着物です。 かつて和服文化が定着していたころには普段着とされていましたが、昨今では着物という衣類が特別なものとなったため、紬であったとしても軽い外出着として食事会などに来ていくことも認められるようになりました。

ですがこうした普段着は結婚式や茶会などの席では認められない服装です。 たとえそれがどれだけ高価なものであったとしても認められることはありませんので注意が必要です。 着物にはこうした種類がありますので、着物買取においては種類に応じて価格がつく傾向があります。 着物買取においては最も広く応用できる訪問着などが特に高価で売買される傾向が強く、逆に普段着などはそれが名品でもない限り、着物買取において高額がつくということは稀です。 こうした着物の種類を把握しておくことで、着物買取はより進めやすくなりますし、着物買取に出さない場合であっても、着物を着ていく上では必ず知らなくてはならないことなのです。

更新情報

2014/06/17 着物買取に必要な基礎知識、着物の格とふさわしいTPOとは

2014/06/17 着物買取を上手に使って街着や普段着に着物を取り入れる

2014/06/17 新しい外出着をインターネット通販で買って要らない着物は着物買取に出す

2014/06/17 着物買取で高額買取が期待できる略礼装着・準礼装着とは

2014/06/17 礼装着、第一礼装の着物買取をしているお店で高額査定を

2014/06/17 着物買取で活用できる知識。着物の品格をより引き出すための着物の格とは

2014/06/17 着物買取に必要な基礎知識、着物の格とふさわしいTPOとは

2014/06/17 着物買取を上手に使って街着や普段着に着物を取り入れる

2014/06/17 新しい外出着をインターネット通販で買って要らない着物は着物買取に出す

2014/06/17 着物買取で高額買取が期待できる略礼装着・準礼装着とは

Copyright(C)2014 着物で作るあなたの品格 All Rights Reserved.